防風通聖散を飲むタイミング|服用期間や妊婦への効果を解説!

MENU

防風通聖散を飲むタイミングは?

防風通聖散は正しいタイミングで飲むと効果が発揮されやすくなります。
脂肪を燃焼させる働きをするので、ダイエット目的で購入する人は多いです。
ただし、好きな時間に飲むだけではあまり効果は得られません。
防風通聖散は漢方の一つです。
飲むタイミングは、食事を始める30分前と食後2時間後が最適です。
胃の中が空っぽの状態になると胃酸が大量に出ます。
漢方は胃酸で分解されることで効果を発揮します。
防風通聖散も漢方なので、他のものとタイミングは同じです。
そして、更に効果をあげるためには1日3回飲むことをおすすめします。
毎度の食前、食後ごとに飲むことでいち早く効果を実感することができます。
防風通聖散を飲み続けていると、快便になっていると感じることがあります。
これは効いているという証拠です。
快便になっているということは、ダイエットに成功しているということです。
女性の無理なダイエットは便秘になることが多いです。
脂肪を燃焼し、便秘にも効くことで無理なく痩せることができます。
そのため、正しいタイミングを知ることは、短期間でダイエットを成功させるために必要なことと言えます。

もちろん過剰摂取は副作用の心配があるので、1日3回をしっかり守るようにしましょう。

 

 

防風通聖散は食前に服用しないといけないの?

防風通聖散に限らず、漢方薬は基本的に食前か食間に服用するのが基本です。
なぜ食前や食間が良いのかというと、漢方薬は胃に食べ物が入っていない空腹時のほうが、効果が出やすくなるからです。
食後、食べ物が胃に入っている状態ですと、食べ物に含まれている成分が生薬の吸収を妨げてしまい、効果が半減してしまいます。
防風通聖散の効果を引き出すなら、食前か食間に水またはお湯で服用しましょう。
ジュースやコーヒーなど、水分以外のものが添加されている飲み物も生薬の吸収を妨げるので、シンプルに水かお湯で服用しましょう。
食間は食事後2時間位の時間を指します。
この時間帯は、食べ物の消化も終わっている頃なので、防風通聖散など漢方薬全般の効果が出やすくなります。
食前に服用するのを忘れたら、食間に服用しましょう。
また服用間隔にも注意が必要です。
一度防風通聖散を服用したら、次の分は最低4時間以上空けてからの服用をおすすめします。
なぜなら、最初に服用した薬の効果が続いている状態で次の分を服用すると、効果が倍増され副作用が出やすくなるからです。
1日中効果を保つには、効果が切れる頃に次の分を飲むことで、防風通聖散の効果を無駄にすることなく長時間効果をキープできます。

 

 

防風通聖散は食後に飲んではいけないの?

防風通聖散は約800年の歴史を持つ漢方薬で、体力のある、皮下脂肪の多い方に対し、発汗や利尿、便通を良くするといった作用があることから、肥満体質を改善する効果があるとして注目されており、ドラッグストアなどでその名前を見る機会が多くなってきました。
メタボに悩む方には夢のような薬ですが、飲むタイミングによって効き方が異なるので要注意です。
そもそも漢方薬は特別な指定がない限り、食前または食間(空腹時)に飲むことが推奨されています。
防風通聖散も例外ではなく、空腹時に飲むように勧められます。
胃の中が空っぽの状態であれば、それだけ漢方の有効成分が吸収されやすくなるからです。
もちろん、食後に飲んでも効果がまったくないというわけではありませんが、食後に飲むとまず食べたものの消化吸収が優先されてしまうため、効果は薄くなります。
胃の調子が悪いときに防風通聖散を飲むと食欲がなくなったり吐き気をもよおしたりする場合があるので、こういう場合は食後に飲むのもやむを得ないでしょう。
忙しくて1日3食きちんと取れていないという場合は、野菜ジュースなどを食事とみなすことで、その前に防風通聖散を飲むようにすれば問題はないようです。

 

 

防風通聖散の服用期間はどれくらい?

病院で防風通聖散を処方されると、服用期間が気になります。
漢方薬は東洋薬ですから、西洋薬に比べると、効果はゆっくりで、即効性はありません。
処方される人は、中性脂肪や皮下脂肪が基準値を上回っている場合が多いでしょう。
ダイエットブームで痩せたい女性がネットで購入するケースがあります。
便秘に悩んでいる女性が、防風通聖散を飲用すると、ほとんどの人は便通が良くなったと喜んでいます。
このように便通を良くすることから、腹部に皮下脂肪の多い方には効果的ですが、飲むだけで痩せる薬ではありません。
漢方で効果がでる期間は人それぞれですが、服用期間は最低でも2〜3ヵ月は必要でしょう。
漢方薬でも、副作用を伴う場合もあり、継続することで肝臓に負担をかけることもあります。
防風通聖散の副作用は発汗、動機、胃のムカつき、下痢などの症状です。
基本的に1〜2ヶ月服用しても効果を実感できない場合や、副作用が表れたら、ひとまず服用を中止してください。
自己判断で継続すると、肝機能障害の副作用の発生が増える恐れがあります。
医師や薬剤師に相談し、勝手な判断は決してしないことです。

 

 

妊婦にはどんな効果がある?

防風通聖散は妊婦の便秘に効果があるとされています。
妊婦が便秘になる大きな理由の1つに女性ホルモンの活発な分泌があります。
妊娠をすることで、プロゲステロンと呼ばれる黄体ホルモンが活発に分泌し、それによって水分や塩分の吸収率が高まります。
その結果、大腸の腸壁から盛んに水分が吸収され便が固くなり便秘につながります。
妊婦の便秘解消には適度な運動や食生活の改善も重要な要素となりますが、大事な時期でもあるために無理な運動などは避けたいものです。
そこで、妊娠中の便秘解消法の1つとして漢方薬の活用があります。
妊婦には、なるべく副作用などの影響を与えない漢方薬を選ぶ必要がありますが、防風通聖散は安心して飲むことが出来ます。
防風通聖散には便秘解消に効果があるとされる大黄やセンナだけではなく、天然由来成分となる芒硝(ぼうしょう)や痲子仁(マシジン)などのクワ科アサの果実が含まれています。
これらの成分には腸に働きかけることで症状の改善につなげる効果があります。
大腸を無理に動かす成分が含まれている漢方薬もありますが、このようなものには、下痢になってしまったり、苦痛を伴うことにがあります。
防風通聖散にはこのような副作用が少ないために、安心して使用をすることができます。

 

 

関連サイトについて

防風通聖散について色々と解説していきました。
では実際に手に入れるとしたら、どういった行動を取ればいいのでしょうか?
生漢煎(防風通聖散)について詳しく解説しているサイトを紹介します。
生漢煎と防風通聖散の関係
きっと、あなたのお役に立つと思います。